川中努BLOG

川中努BLOG

  • 自らの直感を信じることの大切さ(『魂占い』を読んで) 2022年05月10日

    1



    つい最近『魂占い』という本を読みました。

    著者のかげした真由子さんは、占星術をベースにした占い師・心理セラピストで、占い店舗のプロデュースもされているということです。

    何人かの友人がSNSでこの本を紹介していたことがきっかけで、読んでみたいと思いました。

    かげしたさん曰く、人はみな生まれる前は、絶対的安心・安全なあの世・天国という世界にワンネスな状態でいたということです。

    だけど、私たちは「自分になりたくて」わざわざ安心・安全なワンネスから個として切り離され、地上に降りてきたらしいです。

    この「魂占い」の方法はシンプルです。

    自分の誕生日(月と日)を記載されている表から探し、11のタイプの中から自分の該当するものを見つけます。

    ここから私の魂のタイプ

    「内なる魂の結晶」

    を例にとって説明します。

    このタイプは「自分軸タイプ」で、何よりも自分の意志を確立していくことを求め、中でも「自分」との結びつきが、幸せに戻るために人一倍必要ということです。

    本ではこのことを

    ・長期(生涯かけて叶えたいこと)

    ・中期(いつでも準備OKにしておくこと)

    ・短期(今日、明日からでもやったほうがいいこと)

    に分けて説明してあります。

    私の「内なる魂の結晶」は自分の魂の音に集中すること、そして使命としては

    ・長期的には、何事においてもパイオニアとして「自分で見出した真実で、世界を自由に導くこと」

    ・次に、中期的には「直感を信じ、審美眼を磨くこと」

    ・最後に、短期的には「自分の直感に敏感になる」

    とのことです。

    ここに書かれていることで、私が気になるのは「直感」です。

    直感というと、何も特別なことではなく“五感をフル活用した末に導き出される答え”だということです。

    つまり、「あの人に会いたい」と理由もなく感じ、突き動かされるように会いにいくなどの感覚です。

    私は、この感覚は強い方だと思います。

    今年で経営者になって23年になりますが、お酒の販売という客観的に見て厳しい業界で、様々な変化・変容を繰り返しながら、ここまで生き抜いてきたのは直感に従ってきたから以外には説明のしようがありません。

    またサバイバルだけではなく、今までの人生で直感に従った時の方が、結果として自分が嬉しかったり、幸せを感じることが起きる可能性が高いのです。

    実は以前は、直感タイプであることが嫌で、もっと理論的に経営ができないものかと悩んだこともありました。

    しかし、様々な学びを積み重ね今ではむしろ、自分独自に備わった強力な武器として直感を信じています。

    加えて、経営者・コーチとして自分をもっと知るために学んでいるマヤ暦でも、私の顕在意識を表す「赤い龍」という紋章を読み解くと、宇宙とつながること、自分を信じることがキーになっていて、まさに直感力が大切なことが頷けます。

    そのようにして、自分のことを知れば知るほど深まってくる確信があります。

    人は自分の生まれてくるタイミング、両親、環境などを全て選んでこの世にやってくるということです。

    今日ご紹介している占いも、自分の人生の目的や使命を知るための手段なのですが、それは生まれた日から知ることができます。

    人が自分が生まれてきたことに対し、自分で選んできたことだと覚悟するようになった時、その人の持つ本当の力が発揮されるようになるのだ、私は最近になってそう思うようになってきました。

    あなたの生まれてきた使命は何だと思いますか?

    興味がおありな方は、『魂占い』がそのヒントを与えてくれるかもしれません。

    2

     

     

カテゴリ

このページのトップへ